便秘と豆乳

豆乳は美味しくて便秘にも良い

女性に多い便秘ですが、続くとおなかが痛くなったり肌荒れが酷くなったりして気分も落ちてしまいます。 便秘というのは、腸内にとどまった便が停滞することにより腸内で腐敗してガスを発生させることもあります。 そして、腸内にとどまっているうちに有害物質が発生してしまい、 腸壁から吸収されることにより血管に吸収されてしまい血液がドロドロになったり、 毒素が体内に回ってしまい健康被害が起きる事も少なくないのです。

そんな、恐ろしい便秘を解消したいと願う人は少なくないでしょう。 女性では、生理前や妊娠期間に便秘に陥る人も少なくありません。 今まで快便だった人が、妊娠をきっかけにいきなり便秘になってしまうというケースも多数あるのです。 しかし、妊娠中は、薬は飲めないものもあります。 なるべく、食材などで便秘を解消出来たら安心ですよね。

豆乳が便秘解消に良い理由は様々です。 ひとつは、食物繊維が沢山含まれている事です。 一般的に食物繊維が沢山含まれているイメージであるゴボウの約2倍も含まれています。 この食物繊維が便を柔らかくさせて更には、便を水分で膨らませるので排出しやすくなるのです。

そして、大豆イソフラボンの効果です。 先ほど申し上げた生理前や妊娠中の女性がなぜ便秘になりやすいかというと 黄体ホルモンが多く分泌されています。 黄体ホルモンは、本来子宮の収縮を抑えるためのものなのですが、 同時に腸にも影響を与えてしまい快便に大切な腸の蠕動運動を抑えてしまいます。 そのせいで、生理前や、妊娠中の女性は便秘になる事が多いのです。 そこに、大豆イソフラボンが効果をあらわします、 卵胞ホルモンというものを分泌することで 黄体ホルモンとバランスを取ってくれて蠕動運動を促してくれ便秘を解消するのです。

更に豆乳には、マグネシウムも含まれていてマグネシウムは、 大腸の水分を集める役割があって便を柔らかくしてくれます。 このマグネシウムを使った市販の便秘薬も発売されていますので効果は抜群という事でしょう。

さて、豆乳の中で最も便秘に効果が高いと言われているのが成分無調整豆乳です。 成分無調整豆乳は、豆乳と水のみで作られていて他に添加物が無いので一番効果が高いのですが、 味の方は独特な香りなどがするため苦手人も多いです。 そういう方は、調整豆乳の方がのみやすくて続けられると思います。 豆乳飲料というものも発売されていますが、 こちらは砂糖などが使われているためあまり効果が期待できません。

便秘解消のために豆乳を飲むタイミングですが、朝起きてすぐに飲むと一番効果が高いそうです。 朝は、休んでいた内臓が動き出す時間です。 一番腸の蠕動運動を促しやすい時間と言えるのでこのタイミングを見計らって飲むと効果的です。

Copyright (C) 便秘の対処法を知る. All Rights Reserved.