便秘とりんご

便秘解消によいりんごの働き

便秘解消に効果的な食べものはさまざまありますが、りんごもその一つです。 りんごが便秘によいのは食物繊維が豊富だからです。注目されているのがアップルペクチンです。 ペクチンは水溶性食物繊維の一種でジャムやヨーグルトにも使用されています。 アップルペクチンはりんごに含まれるペクチンです。

食物繊維には不溶性と水溶性があります。 不溶性食物繊維は便のカサを増やして腸を刺激し、大腸の働きを活発にする作用があり、 水溶性食物繊維は善玉菌のエサになり腸内環境を改善したり、糖や脂肪の吸収を抑制します。 便秘で悩んでいる方は悪玉菌が増えて腸内環境が悪化していることが少なくありません。

腸内環境改善に役立つのがアップルペクチンです。 アップルペクチンが腸内の善玉菌のエサになって腸内環境を改善します。 善玉菌が増えることで腸の働きが整ってきます。 りんごは不溶性食物繊維も含んでいます。 そのため、食物繊維の働きで腸の働きが活発になります。

アップルペクチンは果肉よりも皮の付近に多く含まれています。 りんごの便秘解消効果を高めるなら、皮も一緒に食べるようにしましょう。 農薬が気になるので有機栽培が望ましいですが、手に入らない場合はよく洗って食べてください。 ときどきワックスのようなものがりんごの表面に付着していますが、 これはワックスではなくりんご自体がもつロウ物質です。 パラフィン、アルコール、飽和脂肪酸でできていて、食べても問題ありません。 アップルペクチンは加熱することで増えるので、面倒でなければ加熱をして食べることがおすすめです。 さらに高い便秘解消効果が期待できます。

生の食品は体を冷やしてしまい、冷えて腸の血流が悪くなって便秘が悪化することがあります。 しかし、加熱をした温かいりんごなら血流がよくなり、冷えを防ぐことができます。 くし形に切ったりんごを耐熱容器に並べ、ラップをふんわりとかけて、 電子レンジで1分から1分30秒ほど加熱します。しんなりしていればできあがりです。 まだ固いようなら少しずつ様子を見ながら加熱してください。

加熱することで甘味が増すのでそのまま食べてもよいですが、 もっと甘味が欲しいときははちみつやシナモンをかけてもよいです。 はちみつにはオリゴ糖が含まれており、オリゴ糖が腸内の善玉菌のエサになって腸内環境を整えます。 シナモンには体を温める働きがあり血流がよくなります。 ホットリンゴはおやつや朝食に最適です。ヨーグルトと混ぜて食べると、乳酸菌の働きも期待できます。

Copyright (C) 便秘の対処法を知る. All Rights Reserved.