便秘とこんにゃく

上手に取り入れて、便秘解消こんにゃくパワー

こんにゃくと言えば、ダイエットによく利用されます。 ローカロリーな上に、便秘解消にも効果があるからです。 こんにゃくには、腸内をきれいにしてくれる働きがあります。 便秘を解消するために、ヨーグルトなどの乳酸菌をとると良いと言われていますが、 こんにゃくにも、同様に便秘解消の働きがあります。

では、こんにゃくはどんな働きをしてくれるのでしょう。 こんにゃくというと、グルコマンナンという成分を耳にすると思います。 グルコマンナンは、水溶性食物繊維の1つで便秘にとても効果があります。 でも、グルコマンナンは、こんにゃくの加工前のこんにゃく芋に入っている成分で、 加工されるとグルコマンナンの効果はなくなってしまうのです。 こんにゃくとして加工するときに凝固剤が使われます。 その凝固剤によって、水溶性食物繊維から不溶性食物繊維へと変わってしまうのです。 では、水溶性食物繊維が入ってないから、便秘に効果がないんじゃないかと思うかもしれません。 そんな事はありません。 食物繊維の1つなので働きは違いますが、しっかりと便秘解消には効果があるのです。

不溶性食物繊維と言うと、水に溶けにくく、便に水分を吸収してくれる働きがあります。 便に水分を吸収する事で、便がかさ増しされて、便が排出されやすくなります。 ダイエットをすると、食べる量が減ってしまうので、 便も少なくなり、便が出にくくなる事で便秘になってしまう事があります。 そんな状態を助けてくれるのが不溶性食物繊維なのです。

ただ、不溶性食物繊維には注意が必要となります。 水溶性食物繊維と不溶性食物繊維のバランスが便秘に大きく影響してきます。 不溶性食物繊維を食べ過ぎると、水分が吸収され過ぎて、 水分不足による便秘になってしまう事があります。 ですから、バランスを考えて、こんにゃくの量を調整する必要があります。 また、こんにゃくは消化されにくいので、大腸にとどまり便秘解消に役立っています。 ところが、よく噛まないで食べる事で、全く消化がされない状態になってしまうと、 腸閉塞という腸がつまってしまう病気を引き起こしてしまう事もあります。 こんにゃくを含め不溶性食物繊維をとる時には、しっかりと噛んで食べる事が大切です。

こんにゃくは、食物繊維そのものなので、便秘にはとても効果があります。 また、満腹感も得る事が出来るので、便秘気味の人にとって、 便秘によくない肉類やお菓子などを食べる事を控えさせてくれます。

健康にとても良い食品なので、下剤などの薬を飲むよりも刺激が少なく体にもとても優しいと言えます。 上手に組み合わせて、便秘解消に役立てて下さい。

Copyright (C) 便秘の対処法を知る. All Rights Reserved.